1億円チャレンジ企画で考えていることについて

日本一贅沢な無職です。

僕が、今回の1億円チャレンジ企画で考えている流れを簡単にまとめます。

  1. FX(外国為替証拠金取引)投資資金10万円をレバレッジきかせ1億円を目指す
  2. ある程度資金が出来たら利回りの高い不動産投資のレッスン
  3. 年収1億円の権利収入を永遠と得れる流れを作る

細かい内容やカリキュラムついては、参加メンバーにメールでお送りさせていただきます。

⇒チャレンジ企画も3月から開催予定ですのでぜひご参加ください^^

参加者100名に達した段階で受付終了となります。

▼日本一贅沢な無料メールマガジン登録はこちら

チャレンジ企画参加

3月からチャレンジ企画を開催する大きな理由

僕は、昨日の記事にも書かせていただきましたが、今週の火・水・木曜日のたった3日間で500万円超の利益を獲得できました。

リスクを最小限にするための安全策として、元本は引き出し利益分だけを口座に残し500万円で金曜日から改めてドル円を売り・売り・売りと3発叩かせていただきました。

こちらの写真は金曜日たった1日の利益864,128円です。一時的に150万円近くの含み益までいきましたが反発して利益が少し減った状況です。

それにしても今週1週間でFX(外国為替証拠金取引)で約600万円利益を作りました。

新型コロナウイルスがきっかけとなったコロナショックで儲ける

今回のチャレンジ企画のタイミングとして最も有利なのが、これから株価とドル円が下がる傾向にあるということです。

下がるとなると損してしまうのでは?と思う方もいるかと思いますが、FX(外国為替証拠金取引)では、下がる方に注文(賭け)することが出来ます。

上の僕の注文写真ではUSDJPY SELL(売り)となっていますが、この注文ではドル円の価値が下がれば下がるだけ利益が増えていきます。

こちらの記事にFX(外国為替証拠金取引)について解説しています。

変な話ですが、経済が悪くなり企業はこれから苦しい状況をむかえることになりますが、経済が不況になっても儲けることができるのが投資家たちです。

新型コロナウイルスの今後がとても心配ではありますが、今回の1億円チャレンジ企画ではこの心配を少しでも軽減できるよう、参加者と一緒に貯金だけは増やしていこうと思っています。

レバレッジを効かせ少ない資金で大きな取引をおこなう

お金持ちは一生お金持ち、お金がある人は負けない勝負はしません。つまりローリスク・ローリターン投資で十分に満足を得る収入を得れるからです。

年利3-5%の利回りってゴロゴロと転がっていますので、1億円持っていれば権利収入で年収300-500万円って何もせずに得ることができます。

しかし、1億円持っていない人からすればその負けない勝負に乗ることができません。

まずは、ある程度リスクある中で勝負をし、資金力を作らなければなりません。

そこで、今回の1億円チャレンジ企画では、少ない資金で多少のリスクはありますが、1億円という大きな資金を実体験をもとに編み出した正攻法で狙いにいきたいと思っています。

そのために、10万円という資金で出来る最大限のレバレッジを効かせた取引、FX(外国為替証拠金取引)で投資資金を増やしにいきます。

こちらの記事にFXの話しをしていますのでまず読んでみてください。

3ヶ月で10万円を100万円にしていくプログラム

レバレッジを効かせられない投資というのは、10万円を20万円つまり倍(100%の利回り)にするのはどんなに上手にやっても数年かかってしまうのが一般的です。

FX(外国為替証拠金取引)では10万円で20倍つまり200万円の証拠金を借りて運用することができるので、簡単にいえば10万円だけれども200万円の運用資金で勝負できるということになります。

資金がなくても大きな取引をして、大きなリターンを得ることができる。

これがFX(外国為替証拠金取引)のいいところになります。

ですので上手にやれば3ヶ月以内で元金を10倍にすることは決して難しい話しではありません。実際に僕はそれで20万円を1億円まで増やしてきました。

僕が3ヶ月という短い期間で結果を出したいと思っている理由

本当は時間をじっくりかけた方が良いというのは分かっていますが、3ヶ月以内に実績がでないと人が付いてこないと思うからです。

研修期間も3ヶ月、短期留学も3ヶ月がちょうど良い、とさまざまな事において3ヶ月で何かを見定めようとしています。

なので、僕としては3ヶ月以内に実績を出して、皆と一緒に次のステップに進みたいと思っていますので、自分を追い込むために、3ヶ月という期間を決めました。

100万円達成後はローリスク投資に切り替えます

資金が出来ればローリスク、要するにレバレッジを大きく効かせなくてもそれなりに利益がでるようになります。

ここからは、積み重ねで毎日少しずつ堅実に利益を積み重ねていく方法です。

勝負の世界で100%勝ち続けることなんて出来ません。負けても最終的に勝ちで終われるように常に負けも想定し、負けた時のどのように挽回をするかの戦略をたてていきます。

10万円を3ヶ月間で10倍(利回り1000%)を目指しますが、ここからは100万円を1年間かけて10倍(利回り1000%)の1000万円を目指していきます。

最初は元金が少ないのでリスクを伴って大きなリターンを得るように動きますが、資金が膨れ上がるにつれてリスクとリターン幅を狭めていきます。

狭めたとしても元金が大きいので利益的にはかなり大きなものとなります。

1000万円以上の資金が出来たら将来性の高い不動産に目を向けます

ここから先はメンバーそれぞれの意思に任せようかと思っていますが、1000万円以上の利益が出たときには不動産投資のレッスンをしていこうと思います。

不動産投資は将来の計画を一番たてやすい投資なので、大きなお金が出来た場合は絶対に不動産投資を覚えた方がいいと思っています。

不動産は出会いなので、欲しいと思った時に欲しい物が手に入るものではありません。

しかし、以前僕がトランプタワー購入の記事を書きましたが、良い物件であればインカムゲイン(家賃収入)とキャピタルゲイン(売却益)両方を得ることができます。

トランプタワー購入の記事に僕の経営戦略をかきましたが、簡単にいうと家賃収入で購入代金分を稼ぎ、不動産価値の高いタイミングで売却して利益を得る戦略です。

9400万円で購入しましたが最終的には3億円のお金を生む物件となります。

株式投資や為替投資みたいに、毎日資産が上下しているのを監視しているというストレスがなく、割と計画通りにお金が増えていくのが不動産投資のメリットです。

利回りの高い不動産はやはり1億円近くの高額な物件が多く、いきなり1億円の物件を購入するというのは難しいと思います。

しかし、購入したい人が100人集まれば、100人で100万円で1億円の物件をシェアしていけば、利回りの高い不動産を共同保有することができます。

今回のチャレンジ企画のメンバー内で、そのような共同保有できるようなスキームが作れればとも考えています。

1億円チャレンジ企画に参加しているメンバーが利用出来る別荘

これは僕の夢でもあり、この企画実施の中でもっともやりたいことです。

こちらの記事にも書きましたが、ハワイのトランプタワーの別荘を購入したのも必ず儲かると分かっていたからという理由が一番ですが、あえて一般的な空室率15%計算をせず25%の収益モデルで計算をしたかというと、仲間皆が利用出来ればと思っているからです。

同じ目標に向かおうとしている仲間が、ここに来て将来を語り合い、気持ちを高め上り詰めていくいうイメージがすごくピッタリな場所だったからです。

そういう拠点を世界中にあちらこちらに作り上げていくのが僕の目標です。

アジア、アメリカ、ヨーロッパと、ここ3年くらいで世界10カ国くらいまで拠点を拡大していき、メンバー全員が無料で使えるようにする事を想像しています。

想像できものは叶う。想像できないものは叶わない。

想像ができるものは必ず実現できます。

想像できないものは実現できません。

まず、新しいものにチャレンジする時にはイメージが本当に大切なので、1億円チャレンジ企画に挑むメンバー達は、必ずイメージをするようにしてください。

100万円になったらどうする?

1000万円になったらなったらどうする?

10年後はどうしてる?

むちゃくちゃ考えてください。これが想像できない人はチャレンジしても失敗してしまうので、参加お断りします。

掴んだ事のないお金、そこに行ったことのない世界だから想像が出来ない。という人もいると思いますが、想像できないのであれば妄想してください。

妄想したものに対して僕が想像できるように導きます。

とにかく、将来をイメージして取り組まなければ、どこかで諦めたりしていまいますので、自分の成功している姿を想像して、これからの未来を想像に合わせていける動きを一緒にしていきましょう。

チャレンジ企画は参加自由で僕は一切費用を頂いたりしませんので、チャレンジしたいと思ったらまず行動をしてみてください。サポートします。

⇒チャレンジ企画も3月から開催予定ですのでぜひご参加ください^^

長々と最後までお読み頂きましてありがとうございました。

このブログを見ている読者さんの幸福度を1%でもUPできるよう、頑張ってブログを更新していきますので、応援よろしくお願いいたしますm(_ _)m

▼日本一贅沢な無料メールマガジン登録はこちら

チャレンジ企画参加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする